2007/07/28

Sambaの設定でつまずいた

Debian GNU/Linux 4.0を導入して設定をいじっていますが、Sambaの設定でつまずいてしまいました。

Sambaの設定はいつもどこかでつまずいている気がします。
情けないです。

インストールしてあるSambaのバージョンです。
$ dpkg -l|grep samba
ii samba 3.0.24-6etch4 a LanManager-like file and printer server fo
ii samba-common 3.0.24-6etch4 Samba common files used by
both the server a
ii samba-doc 3.0.24-6etch4 Samba documentation



Sambaパスワードの設定は次のように行いました。
# smbpasswd -a xxx
New SMB password:
Retype new SMB password:
Added user xxx.


(1) SWATにアクセスできない
これは/etc/hosts.denyと/etc/hosts.allowで許可されていないことが原因でした。

/etc/hosts.allowに次の行を追加したところ、動作するようになりました。
swat : xxx.xxx.xxx.xxx/yyy.yyy.yyy.yyy



(2) Samba公開フォルダにアクセスできない

SWATでいくら設定を変更してもクライアントから公開フォルダにアクセスできない現象が発生していました。

syslogを見ると次のようなエラーが出力されてsmbdが起動していませんでした。
Jul 28 09:01:55 localhost smbd[4309]:
[2007/07/28 09:01:55, 0] smbd/server.c:main(960)
Jul 28 09:01:55 localhost smbd[4309]:
ERROR: failed to setup guest info.


smb.confを見ると[global]セクションに次のような行がありました。
  guest account =


SWATで「guest account」の「項目のデフォルト値」を押すと「guest accout」には「nobody」が設定され、この状態でsmbdを再起動したところエラーにはならずにsmbdが起動し、クライアントからSambaの公開フォルダを参照することが出来ました。


現在のsmb.confは次のようになっています。
# Samba config file created using SWAT
# from xxx.xxx.xxx.xxx (xxx.xxx.xxx.xxx)
# Date: 2007/07/28 09:05:53

[global]
dos charset = CP932
# unix charset = UTF-8
unix charset = eucJP-ms
workgroup = XXXXX
server string = Julie Samba [Debian GNU/Linux]
update encrypted = Yes
ldap ssl = no

[share]
comment =
path = /mnt/share
read only = No
hosts allow = xxx.xxx.xxx.0
veto files = /mnt/share/yyyy/

(2007/7/28 追記)
"dos charset = CP932", "unix charset = eucJP-ms" を追加。
"print command =", "lpq command =", "lprm command =" を削除。


日本語表示のため、「dos charset」と「unix charset」を追加しました。
unix charsetをeucJP-msにしたのは、現状ではSamba公開フォルダ内の日本語のフォルダ名はEUC-JPにしてあるからです。
(「日本語文字化けをどうにかする (その4)」参照)

0 件のコメント: