2009/07/13

MacBook用にマウスを購入

MacBook用にマウスを購入しました。

ロジクールのM305DSです。


当初使っていたマウスのホイールマウスをまわした際の挙動がおかしかったので購入しました。

M305DSにしたところ上記の問題は当然発生しません。

また、ロジクールのWebサイトからドライバをダウンロードしてインストールすればホイールをまわしたときの速度と加速度を調節できるので、ホイールをまわすことによるブラウザ(Safari)のスクロールの速度が自分好みに設定できてストレス0になりました。


ホイールボタンを左右に動かしたときの設定も、初期設定の左右にスクロールから、ブラウザ(Safari)の戻る/進むのショートカットへのキーストロークに変更しました。
自分にはこちらがあっていると思います。


M305DSは自分が今まで使ってきたマウスの中で最小なんじゃないかと思うくらい小さいのですが、これがまたちょうどいい大きさです。


MD305DSの唯一気になる点は、Amazonのユーザレビューにもあるのですが、ホイールボタンの押下がかなり固いです。
でもまあ、許容範囲でしょう。



MacBook使い始めた当初は、サーバとして使っているWindowsマシンにつけてたマウスを引っこ抜いて使っていました。

サーバとして使っているWindowsマシンには別のノートPCからVNCでアクセスして使っているので、別にマウスは必要なかったからです。

そのマウスはホイールボタンがついたUSBマウスなのですが、メーカーは不明で、型番らしきものを検索してもそのマウス専用のMac用ドライバはみつかりません。
Macの標準ドライバでホイールボタンを含めて動きはします。


しかしMacBookで使い始めてから気づいたのですが、ホイールボタンをころころまわしてブラウザなどをスクロールダウンしようとしてもうまくスクロールしてくれませんでした。

試しにマウスを分解してみたところ、ホイール周りに少しほこりがたまっていたので可能な限り分解してほこりを除去しました。

多少改善されたような気はしたのですが、ホイールボタンを下方向に回してスクロールダウンをしている最中にスクロールアップしてしまうといった、上下にふらつく現象がなおりませんでした。

元のWindowsマシンにつなぎ直して確認しても同様の問題が発生するようなので、単にマウスの問題なのかと思います。
分解しきれないところにもほこりが入っていそうな気がしましたし。


それで、ロジクールのM305DSを購入したのですが、まあ当然上記のような問題は発生せず快適に使えてます。



あとは今後もロジクールさんがMac用のドライバをアップデートし続けてくれるかが心配なのですが、少し調べたところ古いマウスのドライバもちゃんと出してくれているようですので、今後も期待しています。

0 件のコメント: