2018/06/04

PortabookのPlamo Linux7.0b2(相当)でサスペンド

PortabookのPlamo Linux7.0b2(相当)でサスペンドし、その状態から復帰させる場合、以下の手順で行うことにしました。

(1) Fn + F2押下でディスプレイの電源を消す
(2) Fn + F5(Muteボタン)押下でサスペンド

(3) パワーボタン押下でサスペンドから復帰、さらにネットワークをリスタート
(4) Fn + F2押下でディスプレイの電源をつける


現在サスペンド中とかの情報が/sysとか/procから取ることができればパワーボタンだけで済ませるのですが、現状わからないのでFn + F5(Muteボタン)を利用することにしました。

ちなみにディスプレイの開閉でサスペンドとサスペンドからの復帰が行うことも考えましたが、
/proc/acpi/button/lid/LID0/state
は一度ディスプレイを閉じるとずっとcloseのままになってしまい使い物になりませんでした。


まずはacpi_listenコマンドでイベントを調べます。

# acpi_listen
button/mute MUTE 00000080 00000000 K <-- (Fn + F5)Muteボタン押下
button/power PBTN 00000080 00000000 <-- 電源ボタン押下


/etc/acpi/events以下にmutebtnというファイルを作成し、button/muteイベントが発生した際にどのファイルが実行されるかを記述します。

# cat /etc/acpi/events/mutebtn
event=button/mute
action=/etc/acpi/mutebtn.sh

muteボタン押下で/etc/acpi/mutebtn.shを呼ぶようにしました。


button/muteイベントが発生した際に実行されるファイルではpm-suspendコマンドを実行することでサスペンドします。

/etc/acpi/mutebtn.shでは
# cat /etc/acpi/mutebtn.sh
#!/bin/sh
pm-suspend


サスペンドからの復帰はパワーボタン押下です。/etc/acpi/events以下にpwrbtnというファイルを作成し、button/powerイベントが発生した際に実行されるファイルを記述します。

# cat /etc/acpi/events/pwrbtn
event=button/power
action=/etc/acpi/pwrbtn.sh

電源ボタン押下で/etc/acpi/pwrbtn.shを呼ぶようにしました。


button/powerイベントが発生した際に実行されるファイルでは/etc/init.d/networkをリスタートします。
サスペンドからの復帰後は無線LANが無効になってしまうためです。

# cat /etc/acpi/pwrbtn.sh
#!/bin/sh
/etc/init.d/network restart

0 件のコメント: