2008/02/23

vimの設定 (2008/02/23)

OpenBSDの2chブラウザにChaliceというvimのプラグインを使ってみることにしました。
2008/02/23時点での.vimrcは以下のとおり。
" 他のviとの共通設定を読み込む
source ~/.exrc

filetype plugin on

" c-]でタグジャンプしたらc-[で戻る
nmap :pop

" エンコーディングの設定
" Chaliceで文字化けしないようにしたつもり
set encoding=euc-jp
set fileencodings=cp932,euc-jp,utf-8
set termencoding=euc-jp

" allow backspacing over everything in insert mode
" set backspace=indent,eol,start
" if &t_Co > 2 || has("gui_running")
" syntax on
" set hlsearch
" endif
"
hi linenr term=bold ctermfg=darkblue

" --------------------------------------
" for Chalice

" URLを外部ブラウザ(dillo)で起動
let chalice_exbrowser = 'dillo %URL% &'

" URLを画像ビューア(qiv)で起動
let chalice_exbrowser_0 =
'wget -O /tmp/$USER.img %URL% ; qiv -n /tmp/$USER.img'

" let chalice_exbrowser_0 = 'wget -O /tmp/$USER.img %URL% ; qiv -n /tmp/$USER.img'
let chalice_exbrowser_0 = 'feh %URL% '



" URLを新しいscreenウィンドウ上のw3mで起動
let chalice_exbrowser_1 = 'screen -X screen w3m %URL% '

" プレビューは自動で閉じる
let chalice_previewflags = 'autoclose'

" Chalice起動時は栞を開く
let chalice_startupflags = 'bookmark'
" --------------------------------------

画像を画像ビューアで開く設定がこんなのしか思い浮かびませんでした。
ネット上の画像を直接開ければいいのだけど。

(20080310 追記)
fehというのにしてみました。
ネットワーク上のファイルを直接指定できます。
qiv程ではないですが軽いです。

0 件のコメント: