2007/11/28

OpenBSD/Zaurus + Mutt + GMail(IMAP)

OpenBSD/Zaurus(SL-C3000) ではGMailをIMAPで使用することにしました。
メーラーには最初Sylpheedを使用してみましたがやはり軽くはないので、Muttを使用することにしました。

MuttでIMAPのメールを読めるようにします。
ちなみにQt/EmbeddedでもMuttでIMAPメールを読んでいました。

また、これまでMuttを使用する時はnosendなどを用いてSMTPを使用していましたが、Mutt-1.5.15からSMTPを使用できるようになったみたいです。
(1.5.xは開発版ですが)

portsのMutt snapshotをアップデートして1.5.17にし、make時のFLAVORにsaslを指定しました。
GMailのSMTP送信にはSSLとSMTP認証を使用するのですが、saslを指定しないでmakeしたものでは送信できなかったためです。


$HOME/.muttrcは/etc/mutt/Muttrcから作成しました。
変更や追加したのは下記の通りです。
これだけのはずです。

ignore "from " received content- \
mime-version status x-status \
message-id authentication-results \
precedence mailng-list \
domainkey-signature list-id \
list-post list-help list-unsubscribe
(実際は一行)

(2008/01/20 スッキリさせたかったので変更)
ignore *
unignore from to replay-to date subject \
delivered-to x-ml-name user-agent \
x-mailer content-type content-transfer-encoding
(実際は一行)
(2008/01/20 変更 終了)


set assumed_charset="iso-2022-jp:euc-jp: \
shift_jis:utf-8"
(実際は一行)

set attach_charset="iso-2022-jp:euc-jp: \
shift_jis:utf-8"
(実際は一行)

set charset="EUC-JP"

set uncollapse_jump=yes

set edit_headers=yes

set editor="/usr/local/bin/nvi"

set folder=" \
imaps://ユーザID@gmail.com@imap.gmail.com"
(実際は一行)

set imap_user="ユーザID@gmail.com"

set implicit_autoview=yes

set mailcap_path="~/.mailcap"

set move=no

set realname="名前"

set send_charset=" \
us-ascii:iso-8859-1:iso-2022-jp:utf-8"
(実際は一行)

set smtp_url=" \
smtps://ユーザID@gmail.com@smtp.gmail.com"
(実際は一行)

set sort=reverse-date

set spoolfile=" \
imaps://ユーザID@gmail.com@imap.gmail.com/INBOX"
(実際は一行)


$HOME/.mailcapは次の通りです。
text/html; w3m -dump %s ;
nametemplate=%s.html ; copiousoutput
(実際は一行)



以上の設定で、GMailでIMAPメール閲覧とSMTP送信ができるようになりました。