2007/07/17

"/"の使用量が92%になった

最近多用しているVine Linux 4.1は/usrと/homeはそれぞれ個別にパーティションを準備し、その他はNFSやVFATのように付帯的な領域を除いてすべて同一パーティション"/"(ルート)に属しています。
/dev/hda7  /
/dev/hda6  /home
/dev/hda9  /usr


"/"(ルート)は1.6GB確保してあるのですが、使用量が92%になってしまいました。

調べてみたところ、/var/cache/aptが887Mも使っています。
[root@localhost root]# du -sh /var/cache/apt/
887M /var/cache/apt/


そこで、aptの不要なファイルは削除することにしました。
[root@localhost root]# apt-get clean


887M→4.4Mと劇的に減少しました。
[root@localhost root]# du -sh /var/cache/apt/
4.4M /var/cache/apt/


"/"(ルート)の使用量は29%になりました。


ところで、増大しているファイルやディレクトリを調べている過程で、/proc/kcoreという巨大なものを見付けました。
[root@localhost root]# ls -l /proc/kcore
-r-------- 1 root root 939528192 7月17日 03:28 /proc/kcore


ネットで検索してみたところ、これは気にしなくてもよいようです。
マニュアルには次のようにあります。
/proc/kcore

このファイルはシステムの物理メモリを表現しており、 ELF コアファイル形 式(core file format) で保持されている。この擬似ファイルと strip されていないカーネルのバイナリ (/usr/src/linux/vmlinux [訳注: パッケージに依存する])があれば、GDB はカーネル内の任意のデータ構造の現在の状態を調べられる。

このファイルの大きさは物理メモリ (RAM) のサイズに 4KB を加えた値である。
Vine Linux 4.1をインストールしているノートPCにはメモリを1GB積んでいるので、これくらいの値になっているようです。

0 件のコメント: