2016/12/20

GPD WINのPlamo Linuxでバッククォートが入力できない

GPD WINのPlamo Linuxでバッククォートが入力できない問題に気付きました。
コンソールでの問題です。

/etc/rc.d/rc.keymapでk2esc-dの読み込みを削除して実行したところ、バッククォートが入力できるようになりました。

$ cat /etc/rc.d/rc.keymap 
#!/bin/sh
#/usr/bin/loadkeys /usr/share/keymaps/i386/qwerty/defkeymap.map.gz  /usr/share/keymaps/i386/qwerty/cl2c-d.map.gz  /usr/share/keymaps/i386/qwerty/k2esc-d.map.gz 
/usr/bin/loadkeys /usr/share/keymaps/i386/qwerty/defkeymap.map.gz /usr/share/keymaps/i386/qwerty/cl2c-d.map.gz
$ sudo /etc/rc.d/rc.keymap 
パスワード: 
Loading /usr/share/keymaps/i386/qwerty/defkeymap.map.gz
Loading /usr/share/keymaps/i386/qwerty/cl2c-d.map.gz

k2esc-dは半角/全角キーをESCキーにする設定らしいので要らないかなと。

0 件のコメント: