2015/10/24

grub-mkconfig

Plamo Linuxでカーネルをアップデートした際、ずっとgrubconfigを実行してgrubを更新していましたが、それだとファイルを色々インストールするようです。

grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

で設定ファイルのみを生成できるようです。


twitterで教えていただきました。


ちなみにタイムアウト値を変更したい場合、/etc/default/grubを編集したあとで上記のgrub-mkconfigを実行すればよいようです。


(2016年11月24日追記)
GPTに対応したGRUBの場合は、まずESPをマウントし、ESP上のgrub.cfgを指定する必要があるようです。

以下はESPが/dev/sda1にある場合です。

mount /dev/sda1 /mnt/tmp
grub-mkconfig -o /mnt/tmp/grub/grub.cfg

0 件のコメント: