2014/04/08

LB-M100STにPlamo-5.2をインストール

LB-M100STにPlamo-5.2をインストールしました。

とりあえず初期設定として以下のことをしました。
  1. sudoコマンドを使えるようにする
  2. Xで日本語キーボードにならないので対応
  3. 無線LANを使用できるようにする

1. sudoコマンドを使えるようにする


$ su -
パスワード:

# visudo

〜 省略 〜

sudoコマンドを使用するユーザ名        ALL=(ALL) ALL


2. Xで日本語キーボードにならないので対応


以下の記事を参考にしました。ありがとうございます。
TenForwardの日記 Plamo-5.0 での X のキーボード設定

まずxfplamoconfigコマンドでxorg.confを作成します。

$ sudo xfplamoconfig


作成したxorg.confのServerLayoutセクションに
Option         "AllowEmptyInput" "off"
を追加します。

$ sudo vi /etc/X11/xorg.conf

Option         "AllowEmptyInput" "off" を追加

$ head -n 7 xorg.conf
Section "ServerLayout"
        Identifier     "Layout0"
        Screen      0  "Screen0" 0 0
        InputDevice    "Keyboard0" "CoreKeyboard"
        InputDevice    "Mouse0" "CorePointer"
    Option         "AllowEmptyInput" "off"
EndSection



3. 無線L ANを使用できるようにする

LB-M100STの無線LANモジュールはRalinkのRT3090というらしいです。

$ lspci
〜 省略 〜
01:00.0 Network controller: Ralink corp. RT3090 Wireless 802.11n 1T/1R PCIe
〜 省略 〜

自分の書いた以下の記事を参考にしました。
ちょっと、やったこと/思うこと Plamo LinuxでLB-M100STの無線LANを使えるようする 

rt2860.binはPlamoインストール直後から/lib/firmware以下に存在しました。

$ su - 
パスワード:
# wpa_passphrase 接続先ESSID パスワード >> /etc/wpa_supplicant.conf

# vi /etc/wpa_supplicant.conf
wpa_passphraseコマンドで取得した結果を以下のように修正

network={
    ssid="接続先ESSID"
    key_mgmt=WPA-PSK
    psk=長い文字列
}


下記コマンドを実行して無線LANを使用できるようにします。
# iwconfig wlan0 essid "接続先ESSID"
# wpa_supplicant -Dwext -iwlan0 -c /etc/wpa_supplicant.conf -B

# dhclient wlan0

0 件のコメント: