2013/09/16

VortexBoxでMPDがビルドできない?

以前書いた下記の記事へ頂いたコメントで気付いたのですが、2013/9/16の時点では記事の手順ではMPDのビルドに失敗するようです。
VortexBoxインストール直後からMPD最適化パッチを当てるまでの手順

先の記事では次のコマンドを実行することでMPDのビルドに必要なパッケージをインストールしていたのですが、どうやら現在はインストール出来無いようです。

[vortexbox.localdomain mpd]# sudo yum-builddep mpd

./autogen.shを実行する前に必要なパッケージを手動でインストールすれば良いのですが、全ては分かりませんでした。

確認は仮想PCのテスト環境でしか行なっていないため、実際の音出し等は出来ていません。

[vortexbox.localdomain ~]# sudo yum install autoconf automake alsa-lib-devel audiofile-devel avahi-glib-devel bzip2-devel faad2-devel ffmpeg-devel flac-devel fluidsynth-devel jack-audio-connection-kit-devel libao-devel curl-devel libcdio-devel libffado-devel libid3tag-devel libmad-devel libmms-devel libmodplug-devel musepack-tools-devel libmusicbrainz-devel libogg-devel libsamplerate-devel libsidplay-devel libshout-devel libvorbis-devel mikmod-devel mpg123-devel pulseaudio-lib-devel sqlite-devel systemd-units twolame-devel wavpack-devel wildmidi-devel zlib-devel zziplib-devel libsndfile-devel

(2013/09/18 追記)
インストールするパッケージを追加。
下記の./configureの結果も合わせて変更。

いくつか取得出来無いパッケージがあるようです。
(2013/09/18 追記終了)

上記のパッケージをインストール後、autogen.shとconfigureを実行したところ、次のような結果になりました。

[vortexbox.localdomain mpd-0.17.4]# ./autogen.sh

~省略~

[vortexbox.localdomain mpd-0.17.4]# ./configure --enable-wildmidi --enable-fluidsynth --enable-mikmod --enable-bzip2 --enable-zzip --enable-iso9660 --enable-pipe-output --enable-lastfm --enable-rtopt --prefix=/usr/local

~省略~

########### MPD CONFIGURATION ############

Archive support:
        (+bzip2) (+ISO9660) (+ZIP) 
Autodiscovery support:
        (+Avahi) (-Bonjour) 
Client support:
        (+IPv6) (+TCP) (+UNIX Domain Sockets) 
File format support:
        (-AAC) (-C64 SID) (-FFMPEG) (+FLAC) (+FluidSynth) (-GME) (+libsndfile) 
        (+MikMod) (-MODPLUG) (-MAD) (+MPG123) (-MP4) (-Musepack) 
        (-OggTremor) (+OggVorbis) (+WAVE) (+WavPack) (+WildMidi) 
Other features:
        (+libsamplerate) (+inotify) (+SQLite) (+rtopt) 
Metadata support:
        (+ID3) 
Playback support:
        (+ALSA) (-FFADO) (+FIFO) (+File Recorder) (+HTTP Daemon) (+JACK) 
        (+libao) (-Media MVP) (+OSS) (-OpenAL) (-OS X) (+Pipeline) 
        (+PulseAudio) (-ROAR) (+SHOUTcast) (-Solaris) (-WinMM) 
Streaming encoder support:
        (+FLAC) (-LAME) (+Ogg Vorbis) (-TwoLAME) (+WAVE) 
Streaming support:
        (+CDIO_PARANOIA) (+CURL) (-Despotify) (+Last.FM) (-Soundcloud) 
        (-MMS) (-SOUP) 

##########################################

~ 省略 ~


まだ必要なパッケージのインストールが不十分のようですが、今のところ分かっているのはここまでです。

この後、makeが通ることは確認しました。

6 件のコメント:

Spotify さんのコメント...

うまく、makeができ,優先度設定ができました。 Musicフォルダー内の音楽は、完璧に聴けます。しかしながら、副作用が、発生し、プラグイン(Spotify, Pandra)が、再生できなくなってしまいました。 MPD17,2で、ビルドしても結果は同じで、PatchをするとPluginがだめになるようです。(優先度設定をする前にake install後、Rebootしても同じ症状)
相性があるのでしょうか?

ハナグロ さんのコメント...

Spotifyさん、こんにちは。

すいません、Spotify・Pandora等は全く使ったことないのでお役にたてなくて申し訳ないのですが…。

patchを当てず、--enable-rtoptを付けずに./configureしてmake
→ Plugin有効

patchを当てて./configureしてmake
→ Plugin無効

ということでしょうか?

それだとPatchが何らかの影響を与えているのかと思いますが…。

ブログのこの記事の段階だと、作成したMPDはVortexBoxに最初から入っているMPDより機能が少なくなってしまっています。

必要なライブラリのパッケージが取得出来なくなっているためです。

特にAACなどが無効になってしまっている点が気になっているのですが。

Spotify さんのコメント...

ハナグロさん、こんにちは。
症状としては、プラグインのアプリを再生しても
再生画面だけで、全く音が出ないという症状です。(Ogg Vorbis、mp3が聞けません。)

現状、VortexBox2,2のCDからインストールしたままの状態で、MPD0,17,2で、聞くことができますが、この状態から、/usr/bin/mpd にpatchだけ当てることはできますでしょうか? (やり方が、わかなくて、試すことができないです。)

MPDをsetup-vb-playerやYum upgrade等で、0,17,4にしてしまうとPluginが聞けなくなってしまいます。

また、新たに、tar zxvf mpd-0.17.2.tar.gz と tar zxvf mpd-0.17git-20120226rtopt.diff.gzのパッチ及びMPD0,17,2をcd mpd-0.17.2
にインストールしても駄目でした。

ハナグロ さんのコメント...

Spotifyさん、こんにちは。

/usr/bin/mpd にパッチだけ当てるということは私の知る限りでは残念ながら無理だと思います。
(MPDのソースとか後で読もうと思っていてまだ読めていませんが、多分パッチの機能だけ取り込むことは出来無いかと)

yum upgrade 等で0.17.4にしても目的の再生が出来無くなるということだと厳しいですね。

他に私が思い付くことは、

・私のブログのこの記事にある
sudo yum install autoconf automake alsa-lib-devel audiofile-devel avahi-glib-devel bzip2-devel faad2-devel ffmpeg-devel flac-devel fluidsynth-devel jack-audio-connection-kit-devel libao-devel curl-devel libcdio-devel libffado-devel libid3tag-devel libmad-devel libmms-devel libmodplug-devel musepack-tools-devel libmusicbrainz-devel libogg-devel libsamplerate-devel libsidplay-devel libshout-devel libvorbis-devel mikmod-devel mpg123-devel pulseaudio-lib-devel sqlite-devel systemd-units twolame-devel wavpack-devel wildmidi-devel zlib-devel zziplib-devel libsndfile-devel
を実行した際にエラーになるパッケージのソースファイルを取得してインストール後、 MPDを./configure、makeしてみる

・再生出来るMPDと再生出来無いMPDで
/usr/bin/mpd --version あるいは /usr/local/bin/mpd --version
を実行し、表示される対応ファイルなどを比べ、必要なライブラリをインストールする。


くらいでしょうか。

お役にたてずに申し訳ないです。

Spotify さんのコメント...

ハナグロさん、こんにちは、
調べてみたところ、
faad2-devel
ffmpeg-devel
libmad-devel
libmms-devel
musepack-tools-devel
twolame-devel
が、Yum install できませんでした。
確かにライブラリー絡みのような気がしてきました。

ハナグロ さんのコメント...

Spotifyさん、こんにちは。

yumでインストール出来無いパッケージについては、http://rpmfind.net とか使うと一応出てくるのもあるみたいなので、ソースからインストールするよりお手軽ではあると思いますが、入手出来るパッケージが安全かはちょっと分かりません。

自分はあまり利用しないので…。

検索してみると、ITmediaの記事でrpmfind.netを紹介しているのがあるので、安全だと思いたいところですが。

もちろんソースを入手してインストールした方が安心のような気がします。

その際は、各パッケージの本家のサイト探してインストールするのが良いかもしれませんが、自分はUbuntu Package Search からOriginalのソースを入手することがあります。

本家探す手間が省けますので。