2013/05/12

「Planet CCRMA at Home」のリアルタイムカーネル

先日、VortexBox 2.2のカーネルにCONFIG_PREEMPT_RTのパッチを当てて再構築しました。
VortexBoxのカーネル再構築

その他、VortexBoxのベースであるFedoraのオーディオ関連を強化する「Planet CCRMA at Home」というプロジェクトがあるらしく、そちらでもパッチ適用済みのカーネルを配布していました。

ただし私が確認したところ少し古いみたいです。

・VortexBoxのデフォルトカーネル(アップデート済み)
[vortexbox.localdomain ~]# uname -a
Linux vortexbox.localdomain 3.6.11-4.fc16.i686.PAE #1 SMP Tue Jan 8 21:18:14 UTC 2013 i686 i686 i386 GNU/Linux


・Planet CCRMA at Homeで配布しているリアルタイムカーネル
[vortexbox.localdomain ~]# uname -a
Linux vortexbox.localdomain 3.0.17-1.rt33.1.fc16.ccrma.i686.rt #1 SMP PREEMPT RT Sat Jan 21 11:15:48 PST 2012 i686 i686 i386 GNU/Linux



普段使用しているマシンで「Planet CCRMA at Home」のカーネルを試してみました。
BDP-105のUSBに接続してですが、音は特に問題なく出ました。
CD入れたらリッピングも始まりました。

少し試した限りでは大丈夫そうです。

リアルタイムカーネルインストール時にデフォルトカーネルを消さないように注意すれば元に戻すことも出来ますし、ちょっと試す分には良いかと思います。


以下試しにインストールした際の手順です。

最悪起動しなくなることも考えられるので自己責任でお願いします。


・「Planet CCRMA at Home」配布アプリをインストールできるようにする
[vortexbox.localdomain ~]# sudo yum localinstall http://ccrma.stanford.edu/planetccrma/mirror/fedora/linux/planetccrma/16/i386/planetccrma-repo-1.1-3.fc16.ccrma.noarch.rpm

〜 省略 〜

合計容量: 20 k
インストール済み容量: 20 k
これでいいですか? [y/N]y

〜 省略 〜

インストール:
planetccrma-repo.noarch 0:1.1-3.fc16.ccrma

完了しました!


・リアルタイムカーネルをインストール
[vortexbox.localdomain ~]# sudo yum install kernel-rt

〜 省略 〜

総ダウンロード容量: 23 M
インストール済み容量: 86 M
これでいいですか? [y/N]y

〜 省略 〜

インストール:
kernel-rt.i686 0:3.0.17-1.rt33.1.fc16.ccrma

完了しました!


・一応デフォルトカーネルが消えていないことを確認。
[vortexbox.localdomain ~]# yum list installed|grep kernel
kernel-PAE.i686 3.6.5-2.fc16 @anaconda-0/1
kernel-PAE.i686 3.6.11-4.fc16 @updates
kernel-headers.i686 3.6.11-4.fc16 @updates
kernel-rt.i686 3.0.17-1.rt33.1.fc16.ccrma @planetcore


・GRUBのエントリも消えていないことを確認
[vortexbox.localdomain ~]# sudo less /etc/grub2.cfg

・再起動
[vortexbox.localdomain ~]# sudo reboot

・GRUBの選択画面中の一番上がリアルタイムカーネル

0 件のコメント: