2009/05/28

OpenBSD/Zaurusで Dillo 2 と Minimo

久しぶりにOpenBSD/Zaurus環境をいじっています。
しばらくVIM、Alpineやw3mくらいしか使っていませんでした。

使っているOpenBSD/Zaurus は 4.5 です。

まずはDillo 2です。
OpenBSD/Zaurusのパッケージとして配布されているモノをそのまま使用しています。


日本語表示も問題なくできているみたいです。

Shift JISのページ(www.yomiuri.co.jp)、ISO-2022-JPのページ(www.linux.or.jp)、UTF-8のページ(slashdot.jp)などを表示してみましたが特に問題なく表示できました。

私の環境では日本語入力はできていません。
もうちょっといじれば日本語入力できるようになるのかな?

JavaScriptも動かないみたいですが、そんなに気になりません。

とにかく軽いのがいいですね。


次にMinimoです。
こちらもOpenBSD/Zaurusのパッケージになっているものをそのまま使用しています。


こちらは結構重いですが、あまり凝っていないサイトを表示する分には問題ないです。

日本語入力できますし、JavaScriptも動きます。
Flash使っているようなサイト以外はいけるんじゃないでしょうか。
表示するまでに時間はかかりますが…。


Dillo 2 で日本語入力できるようになればいいんだけどなぁ。

0 件のコメント: